イベントとは?

"いつ"にあたるのがイベント

"いつ" "なにを" "どうする"の中で、"いつ"にあたるのがイベントです。

たとえば、『ボタンAが押されたらムービークリップBのフレームを再生する』場合は、"ボタンAが押されたら"の"押されたら"がイベントの種類になり、イベントの発生元がボタンAになります。

イベントとは?

イベントとは、コンピュータ内で発生する様々な動作のことです。ActionScriptは、イベントの発生をキャッチしたら、それをきっかけとして何か処理をするように、記述します。

イベントの発生をキャッチするための式のことを、イベントハンドラといいます。

2種類のイベント

イベントには、大きく2種類のイベントがあります。

ユーザーの動作によって起きるイベント
"マウスをクリックしたとき"のように、ユーザーが起こした動作によって起きるイベントです。
自動的に起きるイベント
"読み込みが完了したとき"や、"再生ヘッドが10フレームに到達したとき"のように、コンピュータ内で自動的に起きるイベントです。

ActionScriptの種類とイベント

ActionScriptの種類は3種類と書きましたが、ActionScriptの種類によって、使用できるイベントも決まっています。イベントの種類を間違うと、エラーが発生したり、何も起きないという可能性があります。

フレームアクションのイベント

フレームアクションの場合、イベントは指定できません。イベントハンドラを記述した時点でエラーとなります。

なぜなら、フレームアクションには、"再生ヘッドが到達したとき"がイベントになるからです。つまりキーフレームを入れて、ActionScriptを記述した時点で、イベントも同時に指定していることになります。

ボタンアクションのイベント

ボタンアクションの場合、イベントの指定が必須になります。イベントハンドラを記述しなかった時点でエラーとなります。

イベントの指定は、イベントハンドラ内にイベントの種類を記述します。ボタンアクションのイベントハンドラは、かならずonではじめます。

ボタンアクションの書式

※例 releaseイベントの場合

on(release) {
処理;
処理;
処理;
}

イベントハンドラ内の"{"から"}"の間に、イベント発生時の処理を記述します。複数行を記述すると、上から順番に実行されます。

ムービークリップアクションのイベント

ムービークリップアクションの場合も、ボタンアクションと同様にイベントの指定が必須になります。ムービークリップアクションの場合も、ボタンアクションと同様にonでイベントを指定して記述することができます。指定出来るイベントの種類も同じです。

またそれ以外にも、ムービークリップアクション専用のイベントを指定することもできます。ムービークリップアクション専用のイベントを指定する場合も、イベントハンドラは必ず指定する必要があり、この場合はonClipEventというイベントハンドラを使用します。

ムービークリップアクションの書式

※例 loadイベントの場合

onClipEvent(load) {
処理;
処理;
処理;
}